超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセット レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > バンダイ(一般) > 超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセット レビュー

超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセット レビュー 

商品名:超合金魂 GX-48 ビッグオー専用 拡張パーツセット
作品名:THE ビッグオー
メーカー:バンダイ
価格:6,300円(税込)


ビッグオー拡張セット

魂ウェブ商店限定で発売された、超合金魂ビッグオーの拡張パーツセット。
オーサンダー・モビーディックアンカーを再現するためのパーツや別造形の頭部、
ビッグオーを象徴する「手刀」のオプションハンド等が付属しています。
ちなみに新規パーツの原型はS.I.C.シリーズでおなじみの「安藤賢司」「山口泰弘」両氏が担当。

ビッグオー本体については過去のレビューもご覧下さい。

外箱


R0014958R0014959
メッキナイトガンダムと同じくモノクロパッケージ(限定品はみんなこの仕様?)
パーツしか入ってないので箱はかなり小さく、厚みは5cmもありません。

箱はモノクロですがマニュアルはカラーでしっかり作られています。
R0014961
設定画や解説付きで読み物としても結構楽しめます。

全体


R0014804
R0014805
付属品は以下の通り。
>>オーサンダーアームx2、エクストラヘッド、アーキタイプヘッド、手刀x2(左右各1)、オーサンダー用手首x2(左右各1)
>>グリフォン、アンカー(3種各4)、アンカーチェーンx4、エフェクトパーツ・リングx2、リング用アームx2、
>>エフェクトパーツ・光弾(3種各2)、拡張ディスプレイスタンド、スタンド接続パーツ、
>>グリフォンディスプレイパーツ、アンカー用拡張ブリッジ(長短各2)、センター支柱、サイド支柱x2

当然ながらビッグオー本体は付属していません。

各部


R0014816
R0014808R0014810
R0014812R0014809
R0014815
ビッグオー本体に付属する分も含め、ほぼ全てのパーツをセットする事が出来ます。
ほぼと言うのは、グリフォンディスプレイパーツの代わりに取り外すパーツだけ収納しておく場所がないからです。
まあ、台座の裏にでもテープで留めておけば良いだけですが。
オーサンダーのリングや新規ヘッドなどはキッチリ固定されるわけではなく、ただ置いてるだけに近いので若干不安定気味。

頭部


R0014839
左から本体付属のデフォルトヘッド、エクストラヘッド、アーキタイプヘッド。
エクストラヘッドは安藤賢司氏、アーキタイプヘッドは山口泰弘氏が原型を担当しています。
こうして見るとデフォルトヘッドのイマイチっぷりが際立ちます。目元がなんか違うんですよね。
その点エクストラヘッドはイメージ通りの精悍な顔つきです。
アーキタイプヘッドは劇中では整備シーンでちょろっと登場しただけで
暗いカットのためディテールも潰れていたので、今回商品化されるに至り改めてデザイン画が描き起こされています。
ガイキングの超兵器ヘッドばりの禍々しさがたまりません。

R0014835R0014898
正直エクストラヘッドがデフォでも良かった気がしますが、
サイズの関係でデフォルトヘッド以外はコックピットの開放ギミックが使えません。

エクストラヘッドを装備した全体像。
R0014840
違和感は全くありません。むしろバランス的にはこれぐらいでちょうどいいと思います。


グリフォン


R0014820R0014821
ロジャーの愛車。
ロケットランチャーやマシンガンを装備し、通信傍受や遠隔操作も可能なスーパーマシン。
こちらは山口泰弘氏が原型を担当。

R0014822
流石にコロ走行は出来ませんが、車体裏もきちんと作られています。

もちろんビッグオーの足に格納可能。
R0014824

モビーディックアンカー


R0014877R0014880
スカートの三角パーツを外して取り付けます。背中側も同様。
チェーンは金属製。

アンカーの先端パーツは三種(それぞれ4個ずつ)付属。
R0014881
左から安定翼展開、アーム展開、角錐。

R0014893
ちなみにアニメではスカートの尖った部分全てからアンカーを発射していました。

オーサンダー


オーサンダーを再現するには腕を丸ごと交換します。
R0014845R0014849
右はノーマル腕。
分割線の有無を除けば造形的にはほとんど変わりません。

ストライクパイルを押してアームカバーを展開。
R0014851R0014852
くぱぁ。
カバーの開き具合はひとつずつ調整可能。
わかりにくいですが、砲身も少し前方にせり出します。

拳を専用のものと交換。
R0014861
手が小さくなったのではなく、手首がシリンダー内に後退して指先だけ出ているという設定。

オーリングとツクシみたいなエフェクトパーツを取り付けて完成。
R0014863
R0014866
エフェクトパーツスキーとしてはこの手の造形はいやが上にも萌えます。
ツクシは根元がかなり脆い作りなので破損注意。

R0014917
光輪がO(オー)の形だからオーサンダー。ひねりなし。

両手分付属するので劇中未使用のダブルオーサンダーも可能。
R0014923
某モビルスーツとは無関係。
スパロボで競演したら絡みがあるかも…。

ビッグオー・アクション


ちなみに「手刀」は安藤賢司氏が原型を手がけています。

R0014876

R0014965

R0014968

R0014972

R0014975

R0014906

R0014900

R0014934

R0014956

総括


エクストラヘッドの出来が非常に良く、ビッグオーを象徴する「手刀」が付属するため
ビッグオーのファンであればこちらも手に入れておくと幸せです。
そもそも作品に思い入れがなければ本体の方も買わないと思うので、ある意味購入必須と言えるかも知れません。

パーツだけで6,300円(送料含めると実質7,000円ぐらい)というのは高いなぁというのが正直な所ですが、
元々2万円の商品をバラで買ったと考えれば納得出来なくもない…かな?
基本的に出るだけでも有り難い類の商品ではありますし。
でも高いよね…。割引無いし、送料かかるし…。

モビーディックアンカーがありながらファイナルステージが再現できないのは残念至極。
デザイン上どう考えても無理があるので仕方ないかもしれませんが…。
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿