クレイズ 1/6スケール ラブプラス 小早川凛子 レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > その他メーカー > クレイズ 1/6スケール ラブプラス 小早川凛子 レビュー

クレイズ 1/6スケール ラブプラス 小早川凛子 レビュー 

商品名:ラブプラス 小早川凛子
作品名:ラブプラス
発売元:クレイズ
発売日:2012年11月上旬
価格:8,400円(税込)
原型製作:宮川武
備考:1/6スケール

リンコ

『ラブプラス』より、図書委員に所属し音楽やゲームが大好きな十羽野高校1年生「小早川凛子」。愛花、寧々と同じく原型師「宮川武」氏によって1/6スケールで立体化されました。

凛子は他の二人に比べると小柄なので水着バージョンの「交換用髪型」のようにしばしばそれを補うためのボーナスパーツが付けられますが、今回その手のボーナスはナシ。価格も他の二人と同じ8,400円に設定されています。

同時発売の「高嶺愛花」および「姉ヶ崎寧々」のレビューも併せてご覧下さい。



パッケージ

R0135165R0135167
凛子のイメージカラー、緑を基調としたパッケージ。デザインは愛花、寧々と共通なので箱のまま飾っても統一感があります。

全身


ポータブルオーディオプレイヤーを手に、片耳のイヤホンを外したポージング。手の「招き猫」のような角度になっているのは恐らく意図的でしょう。スカーフを巻いていないので胸元がスッキリしています。

凛子のフィギュアは原型師の趣味なのか何なのか、パンツが見えそうな「ギリギリズム」を追求した作品が多いのですが(笑)、これは珍しく三人の中で最も大人しい造形です。

全高は約23cm
R0135341
本来ならもうちょっと体格差があると思いますが、愛花(や寧々)とは同じぐらいの大きさで作られています。他の二人が1/6スケールにしては小さすぎるので、凛子のサイズが正しいと考えることもできます。といっても凛子の身長が138cm(23cm×6)ってこともないと思うので、いずれにせよ1/6スケールとしては小さすぎますが。

頭部

R0135344R0135347R0135349
凛子の顔は特徴を捉えやすいようで、どのフィギュアもおしなべて良く出来ていますが、これも例に漏れずなかなかの出来映え。正面より斜めから見たほうが可愛いのは愛花と同様です。

各部

R0135351R0135353R0135354R0135358R0135363R0135364R0135368R0135371R0135374R0135379R0135384R0135386
取り立てて粗い部分こそありませんが、スケールの割には今ひとつの品質。凛子は細かいディテールが多いので作り込みの甘さやエッジのダルさが余計目立ちます。オーディオプレイヤーのケーブルは他のフィギュアのように白のほうが良かった気がします。真っ透明のケーブルなんてあり得ないのでケーブルに見えません。

下着は安定の縞パン。
R0135389R0135393
縞パンでない凛子など凛子にあらず、と言っても良いぐらい凛子のフィギュアはだいたい縞パンです。シワや縫い目のモールドにかなり気合いが入っていますが、スカートがペッタリしているので覗き込まないと見えないのが難点(笑)。

愛花と同じく、スカートは別パーツながら腰が外れないのでキャストオフは出来ません。

大きめ写真


こうやって肩を並べさせるとやっぱり凛子大きい、というか他がチャイチー。

凛子づくし。

スク水以外は全員しまパンです。

総括

あらかたの感想は愛花のレビューで述べた通り。「値段の割に作り込みが甘い」「台座が無駄に大きくて邪魔」というのが全てです。これなら1/8スケールにして値段を落としてくれたほうが他社のフィギュアと並べやすくて良かったと思います。クレイズは1/6というスケールにこだわりがあるようですが、それならもうちょっとスケール感を活かして欲しいものです。

値段を抜きに考えれば決して悪い出来ではありませんから、凛子が好きな方々にはオススメ出来ます。現状凛子のフィギュアはそれほど数多く発売されているわけでもなく、存在自体が貴重と言えますしね。決定版、と呼ぶには心許ないクオリティですが、”リンコレクション”のひとつとして加えるには十分値するアイテムだと思います。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿