マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 Saratoga(サラトガ) レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > グッドスマイルカンパニー/マックスファクトリー > マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 Saratoga(サラトガ) レビュー

マックスファクトリー 艦隊これくしょん ‐艦これ‐ 1/8 Saratoga(サラトガ) レビュー 

商品名:Saratoga(サラトガ)
作品名:艦隊これくしょん ‐艦これ‐
発売元:マックスファクトリー
発売日:2020年11月10日
価格:16,800円(税8%込)
原型製作:ひろし(桜前線) 彩色:あきもとはじめ
備考:1/8スケール、GOODSMILE ONLINE SHOP限定

サラトガ

大人気ブラウザゲーム『艦隊これくしょん ‐艦これ‐』より、アメリカ海軍が開発・建造したレキシントン級航空母艦2番艦「USS Saratoga(CV-3)」。エンタープライズ、レンジャーと並び太平洋戦争を生き抜いた米航空母艦の1隻で、「シスター・サラ」や「縦縞煙突のサラ(Stripe-Stack Sara)」「サラ丸(Sara Maru)」といった愛称で親しまれました。

「艦これ」においては2016年秋イベント「発令!艦隊作戦第三法」の最終海域突破報酬として実装された後、大型艦建造のラインナップに追加。2017年9月には「改二」に相当する夜戦特化型の「MK.II(通称・白サラ)」と装甲空母「Mk.II Mod.2(通称・黒サラ)」が実装され、どちらもハイスペックな航空母艦として様々な海域で活躍を見せています。

「改」の時点で服が黒くなりますが、当フィギュアは無改造時の「まっさら」な状態のサラトガ。商品名には反映されていないものの、いわゆる「中破Ver.」として、中破絵のポージングが再現されています。

発売延期を繰り返し、予約開始から1年半後にようやく発売されました。予約してた頃はまだ消費税が8%だったんですねぇ……。



パッケージ


白を基調としたパッケージ。写真だと分かりにくいですが、全体にビックリマンシールのキラのようなホログラム加工が施されています。

全身


前述の通り、中破絵が忠実に再現されています。Mk.IIになるとイラストが一新されるため、ゲームで目にする機会はあまりないのですが、Mk.IIの中破絵よりこちらの方が好き。人気があるからフィギュアもこちらが採用された……というわけでもないのでしょうけど。

フィギュア本体も含め、台座の上のアイテムは固定されておらず、ただ並べているだけ。手前に散らばる銃弾はなくす可能性が高いので、飾っておく場合はテープで留めるか、いっそ飾らない方がいいかもしれません。

飛行甲板(型サブマシンガン)の側面に付いている機銃はすべて別パーツで、自分で取り付ける必要がある……のですが、これが曲者。米粒ほどのサイズしかないため少し力を入れただけで破損しかねないのですが、取り付けピンと穴のサイズがタイト過ぎるので力を入れないとうまく固定できません。繊細かつ大胆な扱いが要求されます。冗談抜きで機銃の取り付けだけで30分ぐらい掛かりました。

固定され具合も心許なく、うっかり手が触れると外れてしまうレベルなので、思い切って接着してしまうのも手かと。そもそも機銃の向きを変えられる必要性を感じないので、最初からしっかり固定しておいてほしかった……。ちなみに取り扱いの難しさはメーカー側も認識しているようで、予備の機銃が2個用意されています。

全高は約12cm

他の同社製艦娘フィギュアと同じヘックス型台座が使われています。

頭部


口をキュッと結んで恥じらう表情が実にセクシー。サンプルと比較しても遜色ない仕上がりで、どの方向から眺めても可愛く作られていますし、しずま氏のタッチにもよく似ています。

ちなみに頭部は外せますが、向きを変えられるわけでも差し替えパーツが付いているわけでもないので特に(造形的な)意味はありません。

各部


品質、造形いずれも高水準。イラストでは見えない背中やお腹周りもしっかり作られていて、焼け焦げた服や靴がウェザリングで表現されています。艤装はプラ製で、実際の艦船模型さながらのシャープな作り込みです。

パンツは黒。

白い服とのコントラストがイイ感じ。造形の都合上、キャストオフはできないようなので、しっかり拝みたいなら覗くしかありません。

大きめ写真

総括

とてもよく出来ています。2番艦特有のスケベボディが余す事なく再現されていて、ポージングもフィギュア映えするのであえて改造前の中破絵を採用したのは正解だったのではないでしょうか。

前述の通り、破損や紛失の危険性が高いデリケートなパーツが多くて取り扱いには細心の注意が必要ですが、精巧さとのトレードオフなので致し方ないところ。ガシガシ弄って遊ぶような商品でもないので、一度飾ってしまえば後は問題ないかと思います。

「ワンホビセレクション」ブランドは価格が高いのがネックですが、値段に見合ったクオリティは毎回維持しているので安心して買えます。最近は艦これフィギュアも以前ほど頻繁にリリースされなくなれましたが、魅力的な艦娘は多数控えているので今後も定期的に発売してほしいですね。


【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿