VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア 初音ミク レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > セガ > VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア 初音ミク レビュー

VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア 初音ミク レビュー 

セガ/アミューズメント専用景品

初音ミク

セガプライズ・エクストラフィギュアより初音ミクのご紹介。
同時アソートの鏡音リンについてはこちらをご参照ください。

全身6方向から。
DSC04898DSC04899DSC04900
DSC04901DSC04902DSC04903
製品パッケージイラスト等でも使用されている、最もオーソドックスなポーズでの立体化。
グッスマ版もボークス版も似たようなポーズながら微妙にオリジナリティを出していたので
ポーズに関して言えば(今のところ)これが一番オフィシャルに忠実といえば忠実です。

本当は左右の透明支柱(詳しくは後述)を使ってツインテールを広げた状態にするのが正しいです。
全部撮り終えてから気付きました…。

顔アップで。
DSC04913DSC04915
DSC04916DSC04928
ねんどろいど版をそのままリアルにした感じとでも言いましょうか、
ぷっくりしていてナカナカ可愛いと思います。
瞳のハイライトが隠れたアングルがアンドロイドっぽさ全開でツボ。

各部アップで。
DSC04921DSC04922
DSC04923DSC04983
間近で見るとそこかしこにプライズクオリティが炸裂してますが、
普通に眺めてる分には気にならないのでノープロブレム。

DSC04929
白。
ちなみにスカートは外れません(多分)

台座。
DSC04931
鍵盤を模した形になっており、左端がリンのものと繋がるようになっています。
といっても連結出来るわけではなく、ただ並べた時に違和感がないデザインになっているだけですが。
透明の支柱は前述の通りツインテールを置くための台。
ちなみに長い支柱を右、短い支柱を左に差すのが正解です(つまり写真は逆)


以下大きめ写真。

DSC04932
DSC04941

グッスマミクと。
DSC04977
グッスマミク(1/8スケール)の方が少し大きい。
プライズミクは1/10スケールぐらいでしょうか。
台座のユニークさはプライズの勝ち。

figmaミクと。
DSC04984
造形的には意外と良い勝負(ポジティブな意味で)
顔立ちはプライズミクの方が自分は好みです。

S・M・L・LL
DSC04986
進化論の如く。
XLは不在。

DSC04989

=
プライズミクでした。
非常に良い出来だと思います。
プライズという性質上、いつでも手に入るというものでもないので
気に入ったら即ゲットをオススメ(リンともども)
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿