VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア Ver.1.5 初音ミク&鏡音リン レビュー

ジョジョ&犬好きフリーライターのフィギュアレビューブログ。お仕事随時募集中。Twitterもシクヨロです。
Top Page > トイ・フィギュアレビュー > セガ > VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア Ver.1.5 初音ミク&鏡音リン レビュー

VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア Ver.1.5 初音ミク&鏡音リン レビュー 

セガ/アミューズメント専用景品

初音ミク&鏡音リン

『キャラクター・ボーカル・シリーズ』より初音ミク・鏡音リン。
以前レビューした『VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア 初音ミク』『VOCALOID 初音ミク エクストラフィギュア 鏡音リン』のリペイントver.で、
髪の毛や衣装がボークス版のようなパール塗装に変更されています。

基本的な部分に変更はないので今回はまとめて紹介します。

全身。
DSC01103DSC01104
DSC01105DSC01106
全高は台座抜きで16-17cm。
ミクはver.1.0でもブーツや袖の黒い部分がグロス塗装だったので
髪の毛以外の部分は大きく変わった印象があまりないのですが、
リンは最も目を引くグレーの部分が鮮やかになった事でグッと見映えが良くなりました。


顔。


▲クリックで拡大(別窓)
エクストラフィギュアのリンは顔が少し大人びているのが特徴。
幼いイメージでデザインされる事が多いため新鮮です。
ミクの方はクセのない顔立ちですね。
髪の毛がもっさり気味でバリが目立ちますが、プライズとしては十分なクオリティかと。


各部。
DSC01128DSC01132
DSC01134DSC01136
DSC01137DSC01140
DSC01141DSC01144
DSC01147DSC01222
DSC01152DSC01149
造形に変更はないためリンのブーツスピーカーは両脚にあります(設定では左だけ)
塗装精度はver.1.0と大差なく、まずまずのレベル。
ただリンの膝裏のシャドウが濃すぎて単に黄ばんでるだけに見えるのが気になります。


ver.1.0との比較。
いずれの写真も左が1.5、右が1.0です。

ミク。
DSC01194
DSC01208
きらびやかな1.5と落ち着いた色合いの1.0。
一概にどちらが良いとは言えないかも知れませんが、1.5の方が飾り映えはします。

写真だとわかりにくいかと思いますが、1.0の方が多少肌が色白です。

リン。
DSC01196DSC01201
こちらは完全に1.5の方が良く出来ていると思います。
特にグレーの部分の差が大きいです。
ベルトは1.5は下地が透けてしまっているため1.0の方が発色が良いですね。

ミクと同じく肌の色に若干差異が見られるほか、マイクの角度やポーズも微妙に違います。
個体差や経年による変形の影響…ではないと思うんですが(自信なし)


DSC01155

DSC01166

DSC01162

DSC01224

DSC01174

DSC01231

DSC01215

=
エクストラフィギュア1.5ミク&リンでした。
デキは良く、1.0と比べ劣化している部分も特にないので以前手に入れ損ねてしまった方はこの機会にゲットをオススメします。
逆に1.0を持っていればそこまで大きな違いがあるわけでもないので改めて入手する程のものでもないかも知れません。

次弾はルカ&レンかな?
【関連エントリー(カテゴリ別 ランダム表示)】

web拍手 by FC2 このエントリーをはてなブックマークに追加 ブログランキング・にほんブログ村へ

コメントの投稿